人生は自分を知る旅~art of life~

自分自身を深く知りクリエイティブに生きる・数秘・タロット・日々の気づきetcのお話

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニクいけど憎みきれない人達

IMG_convert_20130915225552.jpg


インドの仕事を始めて気がついたらもう1年以上経っている事に
気づいて自分でもビックリ!している。

インドの仕事とは、クラフトマン達の手仕事の織物、カディやカンタ(日本でいう刺し子)
を製品化した商品を卸したり、展示会等で紹介したりしている訳ですが・・

商品はそこそこ良いと思うし、人件費が安いから価格も日本製に比べたらリーズナブルだと
思う。貧しい人達の仕事をサポートするためというコンセプトも大きくうなずけるし
需要と供給のバランスもとれてると思う。

・・・・が、問題は彼らとのやり取り。

インド人といっても千差万別だと思うし、宗教だって神様だって沢山いる。
未だにカーストも顕在だしそれによっての生活レベルや知的レベルも様々だ。

もちろんそれ以前に文化的な違いもあり
その溝を埋めようなんて当初は思っていたけど、今はそんな気もサラサラなく(笑)
「歩く理不尽」という言葉がストンと府に落ちる。


旅行先で出会ったり、友達だったらにぎやか楽しい人達として楽しめると思う。
でも仕事だとそうも言ってられない。

日々彼らとあーだこーだ戦っている内に1年経ってしまっていた。
我ながら強くなった自分に乾杯!!

ふと、文句をいいながらも彼らのいい加減さがある意味、
嫌ではなく楽に感じている自分を発見した。日本企業じゃあり得ない様ないい加減さ・・
慣れてしまったのか・・・?

まあ とにかくかかわっている以上楽しもうとハラを決めたからか?

馬鹿みたいな嘘をつかれても、日本の小学生でも言わない言い訳をされても
笑い飛ばせる自分を発見したことが、成長の証(涙)

T0017141p_convert_20130915231111.jpg
と・・・話は変わりますが、同じインドネタで、久々に観たインド映画おすすめです。
とにかく子供達の自然な表情が可愛い!インドの今の現実を背景に笑いあり涙ありのお話。
見た後はカレー食べたくなること間違いなし!




スポンサーサイト
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。