人生は自分を知る旅~art of life~

自分自身を深く知りクリエイティブに生きる・数秘・タロット・日々の気づきetcのお話

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あるがままを受け入れるということ

IMG_0186_convert_20170130005858_convert_20170130010201.jpg

トラコは推定年齢、17才

人間でいうところの80才はとうに超えている立派な長老猫

おばあさんなりに気難しくなったり、食べる物にうるさくなったり
私を困らせることは、多々あったけど、それなりに元気にごはんを
食べて、真夜中の猫集会のたびに起こされても、元気な証拠として
それはそれで、よしとしていたし、ブルーノ(犬)とソファの上で私からの
愛情の取り合いなんかをはじめると、私なりの至福の時間だったりした。

2匹に囲まれてまったり過ごす時間は「ああ、ありがたき幸せ」を感じていたものだった。

その、トラコがごはんを食べなくなった。

超大好物のお刺身を奮発する。

一口食べて、もういらない。

あんなに大好きだったのに・・。いつも人の分まで食べていたのに・・。

私、軽くパニックになる。

気を取り直して医者に連れて行く。

血液検査をしたら、内蔵には異常なし。

口の中に炎症が起きているのか?

とりあえず、点滴をしてステロイドを打って、ペースト状のフードを与えてもらって
帰ってくる。

薬がきいて、調子が戻れば食べるかな、と淡い期待もむなしく・・何も食べない。

食べたくないトラコvs食べさせたい私が葛藤する。
食欲がないのに無理して食べさせようとしている不自然な事には、もちろん気付いている。
このままにしておくと日に日に衰え、数日後には死んでしまう。
それが、怖いし今の自分には受けいれることが出来ないと抵抗している自分。

年を重ねて、終焉を迎えるのは、自然な事なのに・・「待って、待って まだ出来る事はあるはず」
と思考と感情が交差する。

この事をブログに書こうと思ったのは、感情に流されないで自分を客観的に見たかったから。


横のソファでうつらうつらしているトラコ。
この光景をいつまでみれるかな。

17才だもんね 何が起きてもおかしくないよね。
長い間ありがとうね。
悲しい時も嬉しい時もそばにいてくれたね。
17年前の同じくらいの寒い時期、うちの庭先の大きな植木のポットの
中で、トラコのお母さん猫が産んでたのを見つけた時はびっくりしたわ〜

色んな感情が波が押し寄せる様にやって来る。

今は それをありのまま自分に許すことが精一杯のことかもしれない。


スポンサーサイト

あるがままにくつろぐこと

FotorCreated_convert_20160823235301.jpg


ずいぶん、長い間「何か」にならないといけないと自分を追い込んできた様に思う。
「何か」特別な存在になれば、自分はもっと人から認められる、愛される、尊重される
と思い込んでいた節がある。

その承認欲求が、幻想だと気づいたのは、ここ1、2年
やっと自分をまるごと受容出来るようになったから

「何か」を外側に探していた時は、自分を否定して変えたくてしかたなかった。
いつもいつも 遥か遠くをみつめてそこにあるはずのない「何か」を追い求め「今ここ」の
豊かさを長い間、見逃してきたように思う。

自然の中に身を置くと、鳥や虫や花や木々は「何か」になろうなんて思わない。
動物達は過去を悔やんだり、未来に不安を抱いたりしない「今を生きている」
特別な「何か」になろうなんて完全なる人間のエゴなのだ。

でもそんな自分を受け入れた「今」とても楽ちんなのだ。
それは、長い間の否定と抵抗を手放したから

ありのまま(自然)で良いと心から思えたから

「何か」を足すのでなく落としていく
少しづつでもシンプルに 本質に近づく様な気がする。

そう思えた時に日常のあるがままの生活が愛おしく感じてくる。
ごはんが美味しくて嬉しい とか・・
今日も自分も家族(ペット含む)も元気で幸せ だったりとか・・
洗濯物を干している時に一瞬の心地よい風に幸福感を感じたりとか・・

とるにたらないことだけど、それは真にくつろぐことから生まれてくる。


もし、「今の自分は全然ダメ」と思っている人がいたら
1度 大きな深呼吸をして、ダメだと思っている自分もOK!ハグしてあげてね。

自分に厳しかったりすると自分を責めたり、否定したりしがちだけど
一つも良い事ありません。

自分を変える近道は自分自身を『受容』する『愛する』ことだと思うのです。



最後まで読んで頂き有り難うございました♥



数秘&タロットリーディングに関しての詳細はHP「セッションのご案内」をご覧下さい。

その他、丸井海老名店5F ミクセリアサロン 第2・4金曜日 11:00〜19:00
東戸塚駅から西口徒歩1分 住吉書房内2F ミクセリアサロン 第2・4木曜日 11:00〜19:00
8月限定出演中

   
自分自身を深く知りたい方
絡まった問題をクリアにしたい方
人生の流れを知り、ご自身のテーマを知る事で楽になります。

ご縁のある方、お待ちしています

「親しさ」というエッセンス

20151118025730.jpg


先日の セッション終了後、初めてお会いした方にも関わらず、親しい友人の様なエッセンスを感じ・・
帰られた後にもしばらくその感覚は残っていて、その時自分の為にひいたカードは「FRIENDLINESS」
親しさのカードでした。

カードのおよその意味は・・
花を咲かせている 2本の樹の枝はお互いに絡み合い
別個に立ちながらも地と独自のつながりを保ったまま、
土に根をおろしている。

地上では 落ちた花びらが混ざりあって美しいハーモニーを
織りなしている・・

そこには緊迫感も困窮間も相手を何か別のものに変えたいという
欲望はありません。

お互いに楽で自然な自立した友人としてのエッセンスです。


とても嬉しいメッセージでした。
私の理想とする着地点。

私がクライエントに対して、自分の力で変えてあげようとか、目の前の人をなんとかしなきゃとか、思って
ないからです。
それをしようとするとコントロールになりかねないし、依存につながり、どこかで無理が生じてきます。
皆 それぞれ内側に乗り越えるパワーをもっていることを信頼しています。

たまたま、今それを忘れていたり、問題の渦に巻き込まれて分断しているだけの事。
それを思い出し、本来のリソース(ご自身のパワー)に繋がるお手伝いをさせて頂いています。

それを 受け取って頂けた時に 気づきが生まれ、相互に「親しさ」というエッセンスが自然に花開きます。

こんな素敵な体験をさせて頂いて

いつも ありがとうございます♥




数秘&タロットリーディングに関しての詳細はこちら「セッションのご案内」をご覧下さい。
その他、丸井海老名店 5F ミクセリアサロンにて第2.4金曜日出演しています。
ご縁のある方、お待ちしています



*ヴィパッサナーに行ってきます*

t02200320_0300043711265579437_convert_20140318005048.jpg

ご無沙汰のブログです・・・

数秘でいうところの
個人周期7(1年ごとの周期)
ピナクル7(人生を4つに分けた周期)
表現数 7(社会的な表現)

7が3つ重なっていた為か・・・?
エネルギーが外側に向かわず、もうひたすら内側探究モードまっしぐら
学びと探究の日々が続いています。

7のキーワードは、独りあることの豊かさ 探究 知識 瞑想 内面に向かう 
などが主な純正の要素です。
神秘の数ともいわれ、スピリチュアリティにも関連しています。

7の周期に入ると自然と1人の状況になる事が多いのです。
人によっては、その状況が馴染めず、外側の世界にしがみつき、内側に繋がるチャンス
をのがしてしまう事もあるでしょう・・

私の場合は、仕事以外はひきこもり?
もちろん、会いたい人には会っていたし、行きたいと思った場所は行ってましたが・・・
ひたすら7の深遠な海に身を委ね漂い、時にはダイブしてみたりと
7のエネルギーをどっぷり感じ、体感し、孤独の豊かさを堪能していました。

無意識に繋がりやすくなるので、今まで押さえ込んでいた感情のモンスター達
に驚かされたり・・
やっと気づいてあげられたね・・今まで一体、自分の何を見てきたの?
という体験を通しての深〜い学びもありました。

という訳で、まだまだ探究モードは続きます。

明日から2度目のヴィパッサナー瞑想12日間行ってきます



ニクいけど憎みきれない人達

IMG_convert_20130915225552.jpg


インドの仕事を始めて気がついたらもう1年以上経っている事に
気づいて自分でもビックリ!している。

インドの仕事とは、クラフトマン達の手仕事の織物、カディやカンタ(日本でいう刺し子)
を製品化した商品を卸したり、展示会等で紹介したりしている訳ですが・・

商品はそこそこ良いと思うし、人件費が安いから価格も日本製に比べたらリーズナブルだと
思う。貧しい人達の仕事をサポートするためというコンセプトも大きくうなずけるし
需要と供給のバランスもとれてると思う。

・・・・が、問題は彼らとのやり取り。

インド人といっても千差万別だと思うし、宗教だって神様だって沢山いる。
未だにカーストも顕在だしそれによっての生活レベルや知的レベルも様々だ。

もちろんそれ以前に文化的な違いもあり
その溝を埋めようなんて当初は思っていたけど、今はそんな気もサラサラなく(笑)
「歩く理不尽」という言葉がストンと府に落ちる。


旅行先で出会ったり、友達だったらにぎやか楽しい人達として楽しめると思う。
でも仕事だとそうも言ってられない。

日々彼らとあーだこーだ戦っている内に1年経ってしまっていた。
我ながら強くなった自分に乾杯!!

ふと、文句をいいながらも彼らのいい加減さがある意味、
嫌ではなく楽に感じている自分を発見した。日本企業じゃあり得ない様ないい加減さ・・
慣れてしまったのか・・・?

まあ とにかくかかわっている以上楽しもうとハラを決めたからか?

馬鹿みたいな嘘をつかれても、日本の小学生でも言わない言い訳をされても
笑い飛ばせる自分を発見したことが、成長の証(涙)

T0017141p_convert_20130915231111.jpg
と・・・話は変わりますが、同じインドネタで、久々に観たインド映画おすすめです。
とにかく子供達の自然な表情が可愛い!インドの今の現実を背景に笑いあり涙ありのお話。
見た後はカレー食べたくなること間違いなし!




このカテゴリーに該当する記事はありません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。